今すぐ1000万円借りる

今すぐ1000万円借りるにまつわる専用サイト | 今すぐ1000万円借りるの注目情報チェック!

今すぐ1000万円借りるの直近情報とは?必ずクリック!

今すぐ1000万円借りたい方は必見です


1000万円借りる ケースその1今すぐ1000万円借りたいと言いましても、1000万円はかなりの大金です。普通に働いて稼ぐためには数年かかる金額ですので、金融機関から1000万円を借り入れをすることは不可能ではありませんが、さまざまな条件をクリアしなくてはなりません。どういった条件があるのでしょうか。
まず、一言に金融機関と言っても2つのタイプがあります。1つは銀行、もう1つは銀行でないかです。銀行でない金融機関には信販会社や消費者金融などがあり、アコム、プロミス、モビット、アイフルなどがこのカテゴリーに含まれます。アコム、プロミス、モビットは銀行とも関連性が深く、銀行系消費者金融として広告を出すこともありますが、正確には銀行ではありません。

このカテゴリーに含まれる会社は貸金業法によって営業をしており、貸金業法には総量規制という法律があることを覚えておかなくてはなりません。総量規制は年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律です。これは多重債務問題が社会問題となったことによって、改正された貸金業法によって定められた項目です。もし消費者金融などから1000万円借りたい場合は、年収が3000万円以上なくてなりませんので、一般的な会社員や自営業者にとっては1000万円借りるのは、高いハードルとなるでしょう。
そのため借入先として挙がってくるのは三菱東京ufjやみずほ銀行、ネット系の金融機関では楽天銀行などです。また、レイクも消費者金融だと思っている人も多くいますが、新生銀行が当時の消費者金融ごと買収し、銀行のカードローンとして生まれ変わらせたため、レイクも候補として挙がってきます。しかしローンには貸し出し上限が設定されているものも多くあります。三菱東京ufjのカードローン「バンクイック」では上限が500万円までとされているため、1000万円借りたい場合には不足しています。

また、レイクも同様に500万円までとなっています。

楽天銀行はもう少し多く800万円となっていますが、1000万円までには届きません。

1000万円借りる ケースその2これらの銀行の中で今すぐ1000万円借りたい方が、1000万円借りることができる可能性があるのは、みずほ銀行だけです。みずほ銀行にはカードローンに2つのコースが用意されており、「エグゼクティブプラン」と呼ばれるコースが適用されると、金利が3%~7%と非常に低い金利で借り入れをすることができます。借り入れをする金額が高ければ高いほど、わずかな金利差によって支払い額が大きく変わってきてしまいます。できるだけ低い金利で契約ができるよう、普段からクレジットカードやカードローンなどの利用方法については十分注意し、延滞をしないように気を付けなくてはなりません。

銀行系カードローンでも1000万円を借りることができるものは限られていますので、まずは希望する金額を借りることができるローンなのかどうかチェックしてから申し込みをしましょう。
他にはジャパンネット銀行も1000万円まで借りることができます。

もしカードローンでなくても良いのであれば、選択肢は広がってきます。事業用ということであれば消費者金融でも総量規制の対象外となりますし、ビジネスローンはさらに高い金額まで借りることができるように設定されたカードローンもあります。

1000万円借りる ケースその3個人の場合でも住宅ローンではさらに遥かに1000万円の借り入れが可能です。目的があって借りる場合は、カードローンよりも目的別ローンを選択したほうが契約内容が有利になることがあります。目的別ローンは追加で借り入れをすることができないようなものもたくさん存在します。その分返済が計画的に行われ、破たんするリスクが小さい商品なのです。リスクが低ければ金融機関は金利を引き下げることができますので、追加で融資を受けるようなことがないのであれば、目的別ローンも選択肢にいれておきましょう。

すぐにお金を借りたい場合は審査のスピードも重要です。最近では銀行でも即日で結果が出るようなところが増えてきていますが、即日で借り入れたい場合には条件が厳しくなります。その日のうちに借りるためには、契約完了後にカードを受け取らなくてはなりません。
受け取らない場合でも振り込み融資に対応していれば即日で借りることはできます。カードをすぐに受け取る方法は店頭で契約をするか、自動契約機を利用するかです。郵送にしてしまうと必ず数日かかってしまいますし、ちょうどカードが届けられる時間に家にいなかったら、再配達依頼をしたりと、いろいろと手間がかかってしまうこともあります。大手の金融機関であれば自動契約機を設置しているところも多くあります。
審査中は契約機の中で待つことになりますが、申し込みだけはWebで行い、カードの受け取りだけを自動契約機にすることもできます。待つのが嫌だという人は自宅からネットで申し込みをして手続きを進めておくと良いでしょう。

1つの金融機関で1000万円を借り入れすることができない場合は、複数の金融機関から1000万円借りる方法もあります。ただし短期間にたくさん申し込みをすると審査に通りにくくなることがあるので、注意しましょう。

 

TOPへ戻る